心臓
心臓のここが『 知りたい 』がわかる病気の予防・検査・治療方法、そして病気を防ぐ日常生活の心得と最新知識を紹介
スポンサードリンク

心臓トップページ >心臓検査

心臓検査

検査心臓の検査と言えば、心電図が基本的な検査方法になると思いますが心電図はとても簡単に不整脈や心筋梗塞や狭心症などの発見にも役立ちます。

検査短時間で終わり簡単な検査ですので子供からお年寄りまで受ける人に負担はありませんが、より詳しく調べる為に24時間心電図を取る方法もあります。

心臓検査は、心臓の機能を確かめるために大切な検査の1つです。心臓検査により不整脈がわかったり、心室細動などの重大な病気がわかったりするため、一命を取り留めることができる場合も少なくありません。

心電図を取るのが一般的ですが、心臓検査をする際には電極を心臓周辺の決められた位置に貼り付け、電気的な信号を読み取り、心臓の動きをチェックします。動きは目に見える並の形で表現されるため、波の大きさで心臓の状態がチェックできます。

胸部X線写真

胸部X線写真も心臓を映し出す検査で心臓肥大の確認・形や肺に異常が無いか胸膜腔に水がたまっていないか、肺にうっ血はないか、大動脈硬化などを確認する事が出来ます。

MRIやCTスキャン・カテーテル

MRIその他にも検査方法としてはMRICTスキャン・カテーテルなどさまざまな方法で心臓に異変が無いかをチェックする事が出来ますが、異変があっても初期症状で気が付かず放置してしまう人や無症状な場合もあますので一年に一度は人間ドックを行い異常の早期発見に努める事が大切です。

検査が必要な病気は、狭心症や心筋梗塞など、他にもたくさんありますが日本人の死亡原因の中でも非常に多い病気で動悸や息切れ・胸痛・めまい・失神・むくみなどさまざまな症状が現われます。

また、ストレスが多い人は、交感神経が活発になるため心臓などに悪影響を及ぼし心臓病発症に繋がっていく可能性が高いといわれていますので日常生活の見直しや生活習慣の見直しも必要と言えます。