心臓
心臓のここが『 知りたい 』がわかる病気の予防・検査・治療方法、そして病気を防ぐ日常生活の心得と最新知識を紹介
スポンサードリンク

心臓トップページ >心臓カテーテル

心臓カテーテル

カテーテルカテーテルと言う管を使って心臓の検査をする事を心臓カテーテル検査と言いますが、使用するものは血管より細い2ミリくらいの管で腕や太ももから心臓に届くくらいの長さがあり心臓の冠動脈の血管のつまりがないかの造影をします。

心臓カテーテル検査は、血管が細くなっていないか、詰っているところはないかなど、冠動脈の異常を発見する為に最適な検査法になります。

また、狭窄している血管を広げる心臓カテーテル治療もありもっとも一般的なのがステント治療で、たいていの病院で使われている方法でステントの種類が病院によって違う程度になります。

カテーテル治療

治療代表的な病気である狭心症の治療にも使用しており、カテーテルの先端にステントを付けて細くなっている部分までカテーテルを移動させステントを広げて血管を広げる治療法になります。

この治療法は、簡単な場所で少ない本数であればほぼ成功する治療法ですが、基本的には治るまで治療を行うもので、この方法での治療が成功しなかった場合には、バイパスの手術を行う事になります。

合併症

合併症としては、低血圧・末梢血管合併症・心合併症・不整脈・腎合併症・神経合併症・薬剤アレルギー・感染などが挙げられますが、合併所になる確率は1%程度です。