心臓
心臓のここが『 知りたい 』がわかる病気の予防・検査・治療方法、そして病気を防ぐ日常生活の心得と最新知識を紹介
スポンサードリンク

心臓トップページ >心臓循環

心臓循環

循環心臓は、もっとも大切な臓器で血液を循環させる大事な役割を365日24時間欠かすことなく働き血液を全身に運び身体に不必要な老廃物や二酸化炭素を運びだしています。

一定のリズムで全身に血液を送る事で人間は身体を動かす事が出来て、肺循環と体循環によって呼吸や身体を動かしており、肺循環では炭酸ガスを多く含む静脈血を心臓に戻した後、肺で酸素に交換して心臓から全身に酸素の多い血液を心臓から送り出して戻ってくるまで4秒ほどになります。

体循環の場合は、全身のすみずみに新鮮な酸素と栄養素を運び、必要なくなった炭酸ガスや老廃物を身体の外に排出するため心臓から送り出し戻ってくるまでの循環は20秒程になります。

心臓の循環が不規則になる場合

心臓の機能が悪くなれば当然、交感神経に異常をきたす事になりますので心拍数が上がり酸素を出来るだけ多く身体に運ぼうとしますが、急激に機能が低下した場合には、全身に十分な酸素を送る事が出来なくなり心不全を引き起こす結果となります。

血液の循環が悪くなると脳への血流が減りますので、めまいやたちくらみ・意識の低下に繋がりその他にも、息切れやどうき・身体全体の倦怠感・血流が悪くなる事で老廃物を外に排泄する事が困難となり身体がむくんだりもします。