心臓
心臓のここが『 知りたい 』がわかる病気の予防・検査・治療方法、そして病気を防ぐ日常生活の心得と最新知識を紹介
スポンサードリンク

心臓トップページ >as心臓

as心臓

as 心臓と言えば、大動脈弁狭窄症という心臓弁膜症の一種で血液を送り出す弁が硬くなり開かなくなったり、開きが悪くなる症状で血液が上手く流れないので負担が多くなり長年このような状態が続くと動悸・息切れ・めまいなどの症状が出始めます。

as心臓は、左心室から大動脈に送られるはずの血液が少ないので筋肉も酸素不足に陥りますが無症状ですので分かりにくいですが心雑音でas心臓を発見するケースも多い病気です。

症状

as心臓は、胸が締め付けられるような痛みや血液が上手く流れませんので脳が血液不足となり発作や失神・心不全などになる可能性も出てきますので早期治療が必要な症状になります。

治療

as心臓の治療は手術をして人工心肺で血液を循環させる手段になり、狭心症の症状が出て5年・失神や発作が出て3年位・激しい運動による突然死など心不全になる可能性が高いと言われていますので手術を行い弁も人工弁に変更する事で日常生活が普通に送れるようになります。

手術

as心臓の手術は5時間程度ですが、3時間後には退院する事ができますので患者の身体的な負担も少なく症状がある場合には、手術を行う方向で進みます。

検査は、胸部X線写真や心電図・心エコー・心カテーテル検査などになります。