心臓
心臓のここが『 知りたい 』がわかる病気の予防・検査・治療方法、そして病気を防ぐ日常生活の心得と最新知識を紹介
スポンサードリンク

心臓トップページ

痛み心臓と言えば、生きる為にはなくてはならない臓器の一つで心臓は血液を循環させる為のポンプの役割を果たす事によって全体に血液が行き渡り血液から酸素や身体を動かすためのエネルギーを受け取り不必要になった二酸化炭素や老廃物も運び出しています。

心臓の働きが鈍くなれば酸素を受け取り老廃物を送り出す事が出来なくなるので代謝が落ちて呼吸困難に繋がる結果となり、心臓の機能が停止することで生命を維持させる事は不可能な状態となります。

心臓の大きさ

サイズ心臓の大きさは人それぞれで、その人物の握りこぶしよりも大きく重さは250〜300グラム程度あり、心臓の左下端前方の尖った部分の心尖(しんせん)が左の胸あたりにありますので左胸の上から触るとドキドキと心臓の拍動を感じる事が出来ます。

心臓の構造

心臓の壁は心内膜、心筋層、心外膜の3層があり、心臓の内部は右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分けられ血液の循環として肺を通る肺循環と、肺以外の体中をめぐる体循環とがあり、全身へ血液を送る左心室の心筋層が一番厚くなっています。

心臓の役割

心臓心臓は血液を送るだけではなく血管や血液の異常によって心臓にも異常を及ぼす可能性が高い事が分かっていますので心臓のエコー・レントゲンなどを定期的に行いトラブルの早期発見が心臓の病気から身を守るためにも必要になってきます。

心臓の病気

心臓の病気は、日本人に非常に多い重大疾患でガンに続いて多い病気と言われており、狭心症、心筋梗塞、心肥大、不動脈などは動脈硬化が原因と言われており、生活習慣病からの心臓病も多いことが分かると思います。

現在はストレス社会と言われていますが、睡眠不足・高カロリーな食事・運動不足など不規則な生活を続けていく事で心臓にも負担がかかり若い世代でも心臓に何らかの問題を抱える人が増えてきています。

心臓が痛い

痛い心臓に痛みがある場合には、直ぐに検査だけではなく手術が必要なケースや深刻な心臓の病気と言う事もありますので、日頃からの健康チェックも大切だと思います。

動悸や息切れ・湿疹・めまい・胸が痛い・浮腫などの症状も心臓になんらかの問題がある可能性がありますので血圧・血液検査・心電図・レントゲンなど簡単に出来る検査を一年に一度は受ける事が大切だと思います。

心臓病にならないための予防方法

心臓の病気になるリスクを少しでも減らす為には、食事の見直しや運動・生活習慣の見直しなどを行う事も非常に大切な日課となってくると言えますので、少しでも心臓に負担がかからない生活を送れるように、心がける事がポイントとなりそうです。

心臓の治療は時間も必要で負担がかかりますので早期発見と対策や予防をする事で快適な日常生活を送る為にも適切な知識や定期的に検診することが大事です。

新着情報&トピックス

bottom